旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【鉄道車両系】

【国内旅行系】 特急「ふじさん」乗車のポイント(特急券の購入アドバイス付)

以前に下の関連記事で取り上げた特急「ふじさん」です。あさぎりの時代にしか乗ってなかったので、今回、名古屋へ行く際に利用してみました。今はネットでも予約できますが、あえてJTBで購入してみました。なお、購入可能な旅行会社は下のリンクを参照く…

【国内旅行系】 仁義なきシャワー争奪戦 サンライズ出雲・瀬戸の旅

日本で唯一の定期寝台列車、それにノビノビシートもついているサンライズ出雲・瀬戸です。ブルートレインを知らない世代は、この列車が憧れの対象となっているとも聞きます。また、最近は女子旅にも人気の列車ですね。 まず、ブルートレインで出張に行ってい…

【鉄道車両系】 乗り得列車 修善寺⇔三島の特急「踊り子」と三島駅のぐにゃ(静岡県・伊豆箱根鉄道)

人生で2番目に乗った特急なので、なんだかんだで愛着があります(一番目は「しなの」)。 伊豆箱根鉄道の駿豆線に乗ったのですが、そばを食っていたら列車に乗りおくれて、数分後にやってきた特急踊り子に乗りました。先のスケジュールもつまっていたので、…

【鉄道施設系】 きれいな三角線(デルタ線) 近鉄・伊勢中川駅 (三重県)

ここもきれいな三角線です。名古屋⇒大和八木は小学校の修学旅行で奈良に行くときに乗って、名古屋⇒伊勢市は仕事でオーナーの自宅に行くときに乗っていましたが、あと1辺が未完了でした。このたびやっと三角形の残った辺を乗ってきました。このへんのどうし…

【鉄道車両系】 昭和の終わりごろ、車内放送設備がない電車が走っていた件(愛知県・飯田線)

東南アジアでは車内放送設備がなく、車両同士が連結器以外にブレーキ管と電灯線だけというパターンがまだまだありますが、日本で車内放送ができない列車は皆無だと思います。 下の写真はミャンマーの列車連結部分です。車内の電灯線がまるで学研のおまけなみ…

【国内旅行系】 細かすぎて伝わらない鉄道博物館のみどころ1 (埼玉県・さいたま市)

他のサイトと同じことを書いても面白くないので、これから出かける方に向けて細かすぎて伝わらない鉄道博物館のみどころです。多いので3つに分けます。 ★6月末で特設展示が終わってしまうので、3記事まとめて緊急でアップします。 まずは大宮駅から鉄博入…

【国内旅行系】 細かすぎて伝わらない鉄道博物館のみどころ2 (埼玉県・さいたま市)

この記事は1階編になります。 南館「仕事」コーナーからいきます。 運転シュミュレーターもありますが、私はあまり興味はありません。車掌にはなりたいと思っていましたが、運転士にはなりたいと思ったことはありませんので。 地味ですが、お勧めはこれです…

【国内旅行系】 細かすぎて伝わらない鉄道博物館のみどころ3・完 (埼玉県・さいたま市)

この記事は2階編です。 まずは腹ごしらえから。「日本食堂」との看板が目に入りました。そうです。年配の方にはおなじみだと思いますが、聚楽とならんで日本の食堂車を運営していた会社です。そうなると、ここに入るしかありません。 線路が見える席と、食…

【国内旅行系】 カタツムリに乗ったのだ。(東京都北区・王子駅前・飛鳥山公園・アスカルゴ)

そこに鉄道がある限り旅師は往くのである。。。ということで、新幹線の車窓から長年気になっていたカタツムリ電車に乗ってきました。ただ、鋭い方はここでツッコミを入れてくると思いますので、防御線をはっておきます。 これは鉄道ではありませんでした。一…

【海外旅行系】 マータレー→キャンディ→コロンボフォート 鉄道で移動 (スリランカ)

マータレーからコロンボフォートへの移動の記録ですが、鉄道ばかりです。 まずはマーターレー駅前の道路でやっていた道路区画線作業です。仕事がら気になります。服装も機材も、トラックの色も日本とほぼ同じです。 マータレー駅に到着です。10名ほど客が待…

【国内旅行系】 日中線記念館に行ってきた(福島県・喜多方市)

小学生時代に行きたくて実現できなかった4駅が、十勝三股(北海道・士幌線)、熱塩(福島県・日中線)、西寒川(神奈川県・相模線)、小松島港(徳島県・牟岐線)です。どれも国鉄(末期の姿)というものの魅力がギュッと凝縮されていて、ブルースを感じる…

【鉄道車両系】 絶滅危惧種 タンツボとは? ずっと吸い殻入れだと思っていたw件

本日はわがブログ名物の汚い話です。 鉄道というのは、昔からほこりまみれなものです。煤煙(SL)や排気ガス(気動車)、線路の鉄粉などですね。いまでも線路わきのマンションはカギの寿命が短いですね。なぜかと言うと鉄粉が飛んできて鍵穴に入って錆びて…

【鉄道車両系】 大阪駅でディーゼルの音が恋しくなったら 特急びわこエクスプレス2号

先言うときますけど、気動車に対してウルサイ言わんでください。あれはサウンドと排気ガスを楽しむ乗り物です。 ところで、大阪駅はいろいろな気動車がやってきて楽しいですよね。大阪出張から帰る際は、新大阪に行かずに思わず東海道線に乗ってしまうことが…

【鉄道車両系】 プラレールよりリアルなおもちゃ スーパーレール

みなさま、プラレールはおなじみですが、同じメーカーからもっとリアルなおもちゃが出ていたことはご存知ですか?ネットでも取り上げている人はいないようですね。スーパーレールです。線路もシルバーメッキになっており、鉄道プラモに近かったです。 こうい…

【鉄道車両系】 アニーとクララベルの垂れ流しトイレ(旧型客車のトイレ考)

下記の二つの記事で取り上げた垂れ流しトイレを、大井川鐵道の旧型車両(トーマス用なので、アニーとクララベル)で現調してきましたので、報告です。 書こうか迷ったのですが、取材した以上、タブーなき本ブログとしては取り上げざるを得ません。トーマスに…

【海外旅行系】 車内販売より食堂車に行こう インドネシア国鉄

インドネシアの長距離列車に乗ると、社内販売員がナシゴレンなどを売りに来ますが、ここは是非、食堂車に行ってください。正確には調理室の横にあるイートインコーナーなので、ミニストップみたいなものです。 私はいつもどおり旅師の習性から列車を最前部か…

【海外旅行系】 日本とそっくりだが、すべてではない。 台湾高速鉄道

そっくりというか車両は日本の設計の流用なので当たり前なんですが、保安系統は欧州製なんですよね。もともとすべて欧州陣営で落札するところが、ドイツの脱線事故などの影響があって車輛について日本勢が落札したという経緯があります。 行った際は、周遊券…

【海外旅行系】 ユジノサハリンスク鉄道歴史博物館(ロシア・サハリン)

ここにも博物館があるので、行った際はお忘れなく。日本時代の史料も多いので、ロシア語が分からなくても楽しめると思います。場所は下記の通りユジノサハリンスク駅のすぐ近くなので、非常に便利な場所です。 また駅構内では車両の展示しています。ロータリ…

【鉄道施設系】 こんなところにも博物館 貨物鉄道博物館(三重県・四日市市)

プロ向け(?)鉄道博物館です。静かなたたずまい、子供向けにこびない展示など、昔ながらの鉄ヲタを魅了する要素がいっぱいあります。派手さは全くないので、一般の方が楽しめるかは微妙ですが、古い物好きの方は一度言ってみる価値があります。 なお、開館…

【鉄道車両系】 スピードばかりかライブ中継も 名鉄ミュースカイ(愛知県・名古屋鉄道)

わたくしは愛知県出身なので、慣れてしまっていたのですが、全国的には珍しいですね。車内のスピード表示です。名古屋鉄道は40年以上前からあると思います。 しかも、ミュースカイの場合は前面のライブ中継もあって楽しめますので、中部国際空港から乗ったら…

【海外旅行系】 列車のボコボコ具合が魅力 ヤンゴンからピィへの鉄道 (ミャンマー)

ヤンゴンからピィへはバスでの移動が多いかとおもいますが、ここは是非、列車も検討してください。走り出した瞬間に恐怖を覚えるような揺れ、上級クラスの席にもかかわらず足置きやブラインドが壊れ、リクライニングが戻らない席。トイレに行けば天井の水タ…

【海外旅行系】 垂れ流しトイレも楽しめる(?)旧型客車の旅 (台湾)

私は日本では普通に運行していた旧型客車には乗れていません。その昔、和田岬線(兵庫県)で旧型客車が走っていたときに乗ろうとしたのですが、列車を乗り間違えて、乗れなくなってしまいました。 なんとも笑い話ですが、当時、広島発京都行きのムーンライト…

【海外旅行系】 サバ州立鉄道のSL (マレーシア・ボルネオ島)

コタキナバルからブルネイの方向に鉄道が延びており、途中のパパールまでSLが走っています。車内もきれいで、おいしい弁当なども魅力ですね。 日本から行く場合は、予約でいっぱいになることもありますし、駅が街中から少し離れているので、予め現地ツアー…

【鉄道車両系】 倉木麻衣の座席はどこか?(あしたセレンディピティ)

セレンディピティとか、ちょっと噛みますけど、渡月橋とならんで好きな曲ですね。さて、もう一つPVネタです。 倉木麻衣「Serendipity」 まず、倉木麻衣は何号車にいるでしょうか? 号車表示の場所をよく知っている人は、ハト号車と答えるでしょうね。いち…

【鉄道車両系】 駅弁を食べているときにオシッコが飛んでくる件

ブログの好感度を下げそうで気が引けますが、鉄ヲタとしては幸か不幸か、列車からの糞尿の飛散を経験しています。 一つ目は川で遊んでいたときに上の鉄橋を走っていた飯田線の列車から水滴が落ちてきたことです。今なら夏の列車から水滴が落ちてきたら、冷房…

【鉄道車両系】 走り屋仕様 イニシャルN (廃)南部縦貫鉄道(青森県)

2軸といえば、平成まで残っていたこちらも思い出される。もちろん旅客用に作られているので、飯田線のトロッコに比べたら乗り心地はましである。 www.estoppel.jp しかしいろいろとすごいので、お見せしよう。まずは終着駅の外観。東北にありがちな駅舎であ…

【鉄道車両系】 真のトロッコ列車をご存知か。飯田線の初代トロッコが懐かしい。(愛知県・静岡県)

全国にトロッコ列車なるものがあるが、乗り心地の良いトロッコはトロッコではない!と訴えたい。 つまり、トロッコというからには、クソゲーで有名なスペランカーに登場するような乗り心地の悪いものでないといけないのだ。何かというと、車軸が4本か2本か…

【鉄道車両系】 ドクターイエローなんてあまい。真の幸運は現金輸送車との出会い。

最近では出没日時がある程度知れ渡っているドクターイエローですが、かつて新幹線通勤をしていたときには何度も見ましたので、私自身はあまりありがたみがないです。法則は知っていますが、ネタバレブログの烙印は押されたくないので、伏せておきます。 それ…

【国内旅行系】 電車と自動車が一緒に走る 京阪京津線

これも最近は有名になっていますね。仕事で浜大津駅(現びわ湖浜大津駅)の近くの物件を視察に行ったときにとった写真です。当時はリーマンショック前なので、地方都市の不動産も頻繁に売り買いされるような状況で、田舎好きの吾輩としては、出張が愉しかっ…