旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符など。リンクフリーです。

【営業規則系】 青春18きっぷの連絡会社線通過利用の裏技

18きっぷの通過特例についてです。このきっぷでは、青い森鉄道、あいの風とやま鉄、IRいしかわ鉄道、ハピラインふくいの特定区間につき通過連絡を認めていますが、疑問がわいてきます。 通過って、これらの連絡会社線を全線乗ればいいってこと? それで…

【営業規則系】 有楽町駅⇔東京駅(京葉線)乗り換えの秘技

品川方面からやってきて京葉線に乗り換える場合を想定して解説します。 東京駅で、人込みをかき分けて、京葉線地下ホームに行くときに長い長~い通路を通っていきますが、実は有楽町の方が近いんですよ。ただし、一部に屋根がない部分があるので、雨が降って…

【鉄道車両系】 東武鉄道 SL大樹に乗る(鬼怒川温泉→下今市)

会津若松から会津、野岩、東武経由で新宿まで帰ってきたのですが、鬼怒川温泉でSLを見かけたので乗ってまいりました。 駅舎の目の前に転車台です。こんな邪魔なところにつくるなど、昭和だったら絶対あり得ません。 こちらが指定券です。 ガラガラなので、…

【営業規則系】 経路が重なる乗車券の選択権(乗車中の場合)

乗車中で経路が重なっている場合にどちらの乗車券を有効として取り扱うのかという問題です。たとえば、最長片道きっぷで長万部着になったとき、補充券を回収されたくないので(JR北海道は補充券を回収します。)、二股→長万部の乗車券を用意して二股で途中…

【営業規則系】 もしも列車が遅延しているのに駅が閉まっていたら

たとえば、東京行きのサンライズ瀬戸・出雲に乗って、東京に行こうとしていて遅延していたとします。 数分程度の遅れなら駅で待つでしょうけど、60分遅れなどの場合は、呑み屋で一杯ひっかけたいですよね。律儀に駅の椅子に座って待つなんてまっぴらごめんで…

【営業規則系】 分岐乗車券の処理について(車掌取り扱い編)

次の記事の続編です。分岐片道乗車券がどういった形で行われているのか、確認してきました。 www.estoppel.jp ルートはこちら。 東京都区内から尾張一宮までの乗車券で、大曽根まで分岐する形です。分岐乗車券は原券の行先を変更したり、経路を変更するのと…

【切符系】 集まれ 2等乗車券で鉄道に乗りたい人

一見何の変哲もないローカル線の硬券乗車券です。でも、よく見ると。 2等とあります。ということは昭和44年以前から使われている乗車券ということなのでしょう。そこそこきれいな状態で残っています。 以前は大井川鐵道の補充券にもあったようですが、もう…

【営業規則系】 下車代印の謎 丸が正解なのか?四角が正解なのか?

丸と四角のメガネもありますが、下車代印も丸と四角がありますよね。 今回は、この点を深堀りしてみます。 まずは丸の事例です。 弁天町の駅名が丸になっているので、途中下車印ですね。大阪駅で下車したという印のために弁天町駅が代わりに押したということ…

【営業規則系】 きっぷの「ヨ」は翌日の売上だョ! 全員集合

「ヨ」といえばこちらですが。今回はこの話ではありません。 www.estoppel.jp ★ ★ ということで、きっぷマニアさんの「ヨ」はこちら。 つまり、これ。 この「ヨ」は、現在の主流である天虎工業製の日付印字器では入りませんが、昔の菅沼タイプライター製では…

【営業規則系】 富良野・新得間の廃止にともなう区間変更と払い戻し

鉄ヲタならこんな粗相はないと思いますが。 東京→(新幹線・函館本線・石勝線)→新得→(根室本線)→富良野→(富良野線)→(宗谷本線)→稚内で、新得・富良野間廃止前に乗っておこうという計画で、廃止に間にあわなかった場合を想定します。 1 区間変更 区間…