旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 恥ずかしがったら負けかな 途中下車印スタンプラリー

f:id:Estoppel:20190615110731j:plain

 切符がこんな風になってしまう途中下車印とその制度のお話です。ちょっとダサいので慣れないと恥ずかしいと思います。検札の時に、これをちら見した隣の客に質問されるときがあります。JR北海道や九州の駅員や車掌は見慣れているだけあって、「どのあたりに押しましょうか?」と聞いてきます。

 今見ると、きれいに並べたらよかったなと思います。これから実施される皆さんは、頼んできれいに並べたらいいかと思います。例えば、途中下車印は上から並べて、検札印は下から並べるとか。昔の周遊券は下のように押す位置がありました。

 検札印は鋏状になっており、端から3㎝以内ぐらいにしか押せませんので、上に並べると逆さになります。M印の上の「青森運輸区」、北海道の上にある「札幌車掌所」、右端の5日間有効の上にある「函館車掌所」が検札印です。

f:id:Estoppel:20190616111358j:plain

 

 

 なお、本記事はマニア向けに現役の駅員でも知らないようなことも入っていますので、難しいところは読み飛ばしてください。ちなみに上の周遊券が何者なのか気になった方は下記へ。

 

  ★  ★ 

 

 まずはこれをご覧いただきます。外見だけでわかる方は元国鉄職員か40代以上のマニアでしょう。JR社員でも若い人は知らないと思います。

f:id:Estoppel:20190615084248j:plain

f:id:Estoppel:20190615084255j:plain

 国鉄時代の駅に備えてあった途中下車印(スタンパー)です。飯田線天竜峡駅の物で最後の「峡」の字が半分つぶれているので廃棄処分として売りに出されたのでしょう。2000年ぐらいまではかろうじて目にしました。現在はシャチハタ型や単なる小さなゴム印になっているパターンが多いと思います。

 

 

 

 途中下車制度とは

 とりあえずここから始めます。簡単にいうと、主にJRで101キロ以上の乗車券の場合は、後戻りしなければ改札の外に出られるということです。しかも有効期間内であれば、その日に戻る必要もありませんし、さらに先の駅から乗っても構わないというものです。

覚えるべき注意点は、

 ① 東京都区内などの特定都区市内発着の乗車券では、そのエリアでの途中下車は不可能(券面や駅名表に[区]や[山]と記載があるもの)。ただし、そこまでの運賃を別に支払えば可能。

 ② 回数券は不可。

 ③ 都市近郊区間内の乗車券は不可(新幹線経由は含まれない)。

 東京でのエリアはこちらを参照⇒リンク 運賃計算の特例:JR東日本

  ※だいぶ広いです。

 ④ 割引切符のたぐいは都度、制限されていることがあるので注意事項をよく読む。 

 ⑤ フリー切符はフリー区間に入る前は途中下車不可の事例もある。

 ぐらいでしょう。

 

 

 究極の形が青春18きっぷです。券面をよく見てください。「普通列車乗車券」とあるように企画乗車券の一種でJR全線に乗れて途中下車も自由という乗車券にあたります。途中下車について何も記載がありませんが、それはJRの制度が原則として途中下車自由となっていて、制限する場合が例外にあたるからです。

f:id:Estoppel:20190615101712j:plain

 

 JR以外では、下記の記事にあるようにだいぶ限定されてきます。

 また、JRと私鉄で101キロ以上ある乗車券は途中下車が可能となりますが(近鉄や南海はそれでも不可。)、東京は数年前に近郊区間が拡大したうえ、新幹線経由の乗車券がだんたん売れなくなってきているので、事実上、途中下車できる乗車券を購入するのは難しくなっています。

 ※このへんは別記事で特集をします。

   

 (私鉄で途中下車が可能な例)

 

 (私鉄発JRで途中下車をした事例) 

 

 

 途中下車はマニアの専売特許ではない

 会社で途中下車の話をしたら、制度自体を知らない人が多いことに驚きました。意外と乗車券をぶつ切りにして旅行している人が多いようですね。これでは時間も金ももったいないです。総務の担当だったときに、大阪に行ったん降りて、福岡に往復する出張申請が出てきた場合は、乗車券を往復で買って、大阪で途中下車するようによく説教したものです。もちろん「途中下車の制度というものワ~ぁ↗(語尾上げる)、・・・」という眠くなりそうな講義付で、最後にベタベタに押された乗車券の画像を見せてドヤ顔で〆ると。

 

 ということで、知っているだけで出張にも役立ちますね。安いだけではなく窓口に並ぶ手間も省けます。

 

 まとめて買うコツは下記の記事をご参考に。この記事は意外と人気があるらしく、アクセス数がずっとトップ5に入っています。内容もときどき増強していますので、再度読んでいただくと得るものがあるかもしれません。 

 

 

 デザインもさまざま

 JRになって、上の国鉄型の途中下車印が劣化した駅で独自の進化をしていました。いくつか事例をあげます。

f:id:Estoppel:20190615111455j:plain

 益田と新宮は、駅員さんの個人印を流用しているみたいな様相です。本来、規則上はこの形は不可です。上記で規則に適合するのは、野尻、美濃太田豊橋、京都、新横浜です。戸狩野沢温泉は駅名小印といって、本来は訂正に使うものですが、国鉄末期は混用されていました。

 野尻と京都が古い仕様で、美濃太田豊橋は新しく認められた形(「特別下車印」という。)ですね。なお、複雑な漢字はひらがなやカタカナにすることもできました。 

 新横浜は[海]が入っているので、新幹線に乗ってきたことがわかります。

 

f:id:Estoppel:20190615165248j:plain

 これは小学生の時にやっていた【本当の意味の】途中下車スタンプラリーです。不思議なことに一度も断られたことはありませんでした。本来、押すべき物ではないので今は断られるでしょう。呑気な国鉄時代の産物です。今思うと、だいぶ非常識なことをやっており反省するところです。

 

 積極的に押す駅、押さない駅

 途中下車印というのは、もともと下車した駅名を捺印して、不正使用を防ぐ目的にあるので、押さない駅員は任務懈怠ともいえますね。国鉄時代の末期は、こちらから何も言わずに押す駅員は5%を切っていたと思います。最近、都心部の駅は積極的に押しています。不正撲滅の一環でしょう。 地方に行くと、まだまだ押さない駅が多いですね。

 

 マニア的には押してくれと言う手間が減りますが、逆に美観上、きれいに残したい乗車券の場合は押さない駅員の方がありがたいというときもありますw。

f:id:Estoppel:20190615221624j:plain

 これなどがそうです。このときは長野電鉄の須坂を含めて3駅ぐらい途中下車していますが、珍品で汚したくなかったので、途中下車印を押されないよう祈りました。最悪、押さないように頼み込む心構えで。

 

 

 JR以外ではどうでしょうか。私鉄だと、途中下車印すらない駅も多いです。途中下車印の設置があるのは、私の記憶の限りですが、西日本鉄道伊豆急行京浜急行小田急電鉄東武鉄道野岩鉄道会津鉄道青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道しなの鉄道、京都丹後鉄道です。京急東武などは途中下車制度をよく知っていて、秒速でハンコがでてきます。

 

f:id:Estoppel:20190615214510j:plain

 左から鶴見市場(京急)、会津田島会津鉄道)、東京スカイツリー東武)です。

 

 

 途中下車印ブーム?

 マニアの間ではちょっとした静かなブームがあったと思います。一つはワイド周遊券の時代です。上のリンク記事にあるように、フリー切符的に利用する場合に踏破の記録として押してもらっていたことが多いと思います。

 今一つは青春18きっぷですね。上のように下車した駅のハンコでスタンプラリーをすることができるからです。これはマニアではなくてもやっている人は多いですね。

  ただ、これらのハンコは不正使用防止には役立ちませんので、乗客向けサービスに近いです(もちろん押すのが本来の姿ですが。)。

 

 

 無人駅はどうなのか

 無人駅は駅員がいませんので、ハンコはありません。それに改札ではなく、列車を降りたときが下車扱いです。この場合にどうなるかですが、特段規定はないようです。ただ、車掌が券面に「●日●●駅下車」と手書きする事例は聞いたことがあります。かつての国鉄バスのやり方を援用しているのでしょう。

 

 

 発駅でいったん出たい場合

 たとえば、塩尻駅で乗車券を買って改札を入った後に、そばを食べたくなり、二人しか立てないカウンターが満席の時はいったん改札の外に出て待合室で食べることになります。この場合、途中下車可能な乗車券の場合は発駅での出場措置として途中下車に準じて扱いますので、遠慮することなく堂々と改札外でそばを食べることが可能です(規程142条柱書)。

 途中下車できない乗車券の場合は、同条の但書にある「特別の事情があるとき」に該当するかが問題となりますので、お願いベースになりますね。普通に現場でも認めていました。

 ※上記の場合に途中下車印を押すかどうかは、解釈の分かれるところでしょうが、「途中下車として取り扱うものとする。」と記載されているので、押すべきでしょう。

 

  (関連記事) 

 

 

 途中下車できない乗車券で押す事例

 だいぶ重箱の隅に入っていきます。途中下車できない乗車券でも押す事例はあります。

 

 ① 浜川崎的なやつ(改札が分離している)

 浜川崎ときいて反応した人はかなり鉄分濃いめです。 この駅は南武線鶴見線の改札が道路を挟んで離れているので、140円でいける大回り乗車で聖地となる駅です。改札を出ないで旅をする大回り乗車の唯一の例外とのことで一部の人に有名です。ただ、現在は南武線側も無人になってしまって面白みがありませんね。

 このような場合は、途中下車ではなく、いわゆる途中出場で、規程上、途中下車印を押す決まりになっていますが(規程145条)、無人では無理ですね。有人駅時代に大回り乗車券に途中下車印を押してもらおうと思っていましたが、いつのまにか無人になってしまいました。

 

]

 かつては福岡県の香椎線の終点である宇美駅が有名でしたが、宇美線が廃止されてなくなってしまいました。「点と線」に登場する香椎駅香椎線ですね。他には尼崎駅と石巻駅がありましたが、統合されてしまいました。 マニア的にはすっかり面白みがなくなりました。

 

 ② JR・私鉄連絡駅

  いったん外にでるタイプの乗り換えで有人改札を通る時に途中下車印を押している例がちらほら見られます。これもそこまで使っているという確認のために押しています。途中下車ができない乗車券の場合も同様です。(連絡運輸規則76条の「連絡接続駅」扱い。)

  

 ③ 大阪⇔北新地を歩いて乗り換える場合

 ここは乗り換えが認められている駅同士なので、大阪市内発着の乗車券で特例措置があります。ただし、「乗り継ぐため」なので時間的な限定はあろうかと思います(規程145条2項1号)。時刻表には当日中の乗り換えとあります。

 

 ④ 新神戸で乗り換える場合

 神戸市内発着の乗車券で三ノ宮、元町、神戸、新長田の各駅と新神戸間で乗り換えた場合も例外的に認められています。この駅間は、バスでも、地下鉄でも構いませんが、 同様に合理的な時間内に乗り換える必要があるでしょう(規程145条2項2号)。時刻表には当日中の乗り換えとあります。

 

 ⑤ 駅地下で弁当買いて~ってな場合

  例えば、秋葉原から東京都区内発の乗車券で乗って、東京駅で新幹線に乗り換える場合に、改札の外に出たいと思ったときは秋葉原駅から東京駅までの運賃を支払えば出場可能です。このときは東京駅で出場したことを記録するために途中下車印が押されます(はずです)。(規程161条)

 

 

 新幹線の駅での途中下車はどうするか

 在来線がある場合は、いったん在来線への乗換改札をでて、さらに在来線出口の有人改札で押してもらえばいいと思います。新幹線と在来線の乗換改札を通っただけでは途中下車ではありません。

 

  

 押しすぎると切符を回収される

 要するに発行替えです。ハンコだらけで裏も含めて券面が見えなくなったら、発行替えする決まりになっていますので、ベタベタにしすぎるとこうなることがあります。もっとも、発行替えの処理は手間なので、ほとんどの改札係はぎりぎりまでこの発言はしないと思います。だれかやってみたら面白いかもしれません。どの駅の改札係が発行替えを言い出すか、ちょっとしたチキンレースになります。私が駅員だったら、再発行の処理をしてみたいので必ず言うと思います。

 

 たしか宮脇俊三最長片道切符の旅だったと思います。途中下車を繰り返していたら、券面が見えなくなって、途中駅で発行替えを打診されたことがあったようです。氏は回収されてはこれまでの苦労が水の泡と思ったらしく、適当にあしらっていました。

 (規程144条4項)