旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【鉄道部品系】 日本の優れた技術 乗車券箱の話

いまやスイカをはじめIC全盛期であるが、
やはり切符はエドモンソン式(下のサイズ)に限る。
俗に硬券といわれるものである。

f:id:Estoppel:20181201115553j:plain

スリランカ硬券

そんな硬券であるが、むかし駅員の仕事をやっている最中は

どちらかというと嫌いであった。
自動改札機に詰まってしまい、とるのに非常に苦労するからだ。

無理をしてたいてい指から血がにじんでくるのだ。
場合によってはメーカーのサービスマンを呼ぶ必要まで出てくる。
特に夕方のラッシュ時は窓口の精算が込み合っていて、
改札機のエラー音が鳴り響き、お客からは早く来いと催促されると気持ちが焦る。

そのような事情もあって、関東の私鉄はおおむね薄い切符に変化していたが、
総武流山電鉄伊豆箱根鉄道あたりは比較的あとまで残っていたようだ。

f:id:Estoppel:20181201115623j:plain

岩田製作所製乗車券箱

さて、硬券を収納するケースも独特なものがある。
これは私の書斎に鎮座する乗車券箱であるが、
興味がなければ邪魔な鉄くずでしかない。
東京の岩田製作所製で、現在のJR東日本・北海道エリアを中心に配備されていたもので、2番目の大きさである。
一番大きなものは、小学生の時に中央本線辰野駅で見たもので、

その壮観さに感動したものだ。


さて、利用方法は以下の通りとなる。

f:id:Estoppel:20181201115358j:plain

部品は本体とスライドする重石にわかれる

 

f:id:Estoppel:20181201115651j:plain

後ろから切符と重石を挿入

f:id:Estoppel:20181201115714j:plain

このように1枚ずつ取り出せる。

f:id:Estoppel:20181201115750j:plain

裏には実用新案の表記

類似品では、少し薄型のJR東海管内(当時の静岡と名古屋鉄道管理局)の物があった。
実物は天竜浜名湖鉄道天竜二俣駅の資料室あるようであるから、
機会があったらメーカーを確認したいと思う。

そのほかは券を積み上げる形のJR西日本型(※)、

重箱のような箱に入れるだけのJR九州型をよくみた。
和歌山の紀州鉄道には回転式の非常に珍しいタイプがあったと思う。

 ※正確には現在のJR東海部分にあたる旧天王寺鉄道管理局管内にもあった。

 ★  ★

そんな乗車券箱であるが、まだまだ地方の鉄道にも残っているので、

出かけた際はぜひ見ていただきたい。
身近なところでは東京メトロ都営地下鉄市ヶ谷駅乗換改札の精算所にある。
しかしこれはパーテーション代わりにしか使ってない様子。

f:id:Estoppel:20181206203013j:plain

都営 市ヶ谷駅 乗車券箱

更にはドライブインなどの食堂のチケット売り場にもあったりするので、
ちょっと探ってみてください。

最後に海外の乗車券箱をご覧ください。

日本製が一番優れていることがわかると思います。

f:id:Estoppel:20181201115923j:plain

タイ バーンダーラー駅の乗車券箱

f:id:Estoppel:20181201120010j:plain

スリランカ コロンボフォート駅の乗車券箱

f:id:Estoppel:20181201120052j:plain

ミャンマー ヤンゴン駅ホーム上の出札にある乗車券箱

f:id:Estoppel:20190302004527j:plain

バングラデシュ ボナニ駅の乗車券箱