旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 ここも天下の東海道本線 美濃赤坂支線(岐阜県)

 昭和のマニアに東海道本線で好きな駅を訪ねたら、新垂井駅と並んで美濃赤坂駅と答えると思います。新垂井は一度、降りたいと思っていましたが廃止されてしまいました。気になる方はググってみてください。なかなか味がありますよ。

 

 さて、美濃赤坂ですが、10代でいったきりで、ひさびさの再訪問となります。何となく青春を振り返る旅に出てしまいました。何も変わってない姿がそこにありました。

 


 大垣駅

 

f:id:Estoppel:20200109024316j:plain

f:id:Estoppel:20200109024333j:plain

 切欠き部分の3番線から発車です。ギリギリにホームに行くと乗り遅れます。

 

f:id:Estoppel:20200109024355j:plain

 しばらくは本線を走っていきます。

 

 南荒尾信号場

 

f:id:Estoppel:20200109024405j:plain

 ここで、いったん上り線に入ってから美濃赤坂支線に分岐します。左から本線下り、新垂井線(単線)、本線上り、美濃赤坂支線です。この新垂井線の途中にあったのが新垂井駅です。

 

f:id:Estoppel:20200109035219j:plain

 JTBの時刻表に載っている路線図ではこうなっています。太いのが複線、ヒゲがついているのが電化です。

 

 荒尾駅

 

f:id:Estoppel:20200109024431j:plain

f:id:Estoppel:20200109024444j:plain

 待合室しかない無人駅です。曲線の内側にホームがあって正解です。ワンマン運転なので、反対にあったら、見渡すのが困難です。

  

 美濃赤坂駅

 

f:id:Estoppel:20200109024459j:plain

 一番左に分岐するのが、廃止された西濃鉄道昼飯、大久保方面の路線だと思います。右方向が同じく西濃鉄道の猿岩方面ですね。

 

f:id:Estoppel:20200109024510j:plain

 駅構内風景。旅客ホームは1線だけです。

 

f:id:Estoppel:20200109024525j:plain

 駅正面。

 

f:id:Estoppel:20200109024537j:plain

 待合室。出札のあとが2か所あります。

 

f:id:Estoppel:20200109024559j:plain

 ホーム側から。

 

f:id:Estoppel:20200109024609j:plain

 事務所は普通に使われています。JR貨物の事務室だと思います。

 

f:id:Estoppel:20200109024704j:plain

 ワンマンなので整理券をもらいます。

 

f:id:Estoppel:20200109024909j:plain

 樽見鉄道に乗り換える場合は車内精算となり、これを樽見鉄道で下車する際に渡します。