旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 温泉と桜が魅力かな。 樽見鉄道の旅(岐阜県) その2

8 本巣駅

 

f:id:Estoppel:20200110185226j:plain

f:id:Estoppel:20200110185243j:plain

f:id:Estoppel:20200110185442j:plain

f:id:Estoppel:20200110185523j:plain

 本社機能や車両基地はここにそろっています。

f:id:Estoppel:20200110185313j:plain

 反対ホームの列車に乗り換えです。

f:id:Estoppel:20200110185337j:plain

 なぜか2本だけ本巣乗換になっています。運転士さんに尋ねたところ、往復して、このあたりで燃料が終わりそうなので、車両を入れ替えるそうです。なるほどでした。 

 

 谷汲口駅

 神海駅だけだと時間がもったいないので、歩いて谷汲口まで戻ってきました。30分ぐらいで歩けますよ。 

f:id:Estoppel:20200110185552j:plain

 待合室だけです。

 

f:id:Estoppel:20200110185826j:plain

 交換駅だった名残があります。

 

f:id:Estoppel:20200110185629j:plain

 客車とレールバスが並んだところです。長さの違いが良くわかります。

 

f:id:Estoppel:20200110185712j:plain

f:id:Estoppel:20200110185734j:plain

 朽ち方が半端ない。今思えば、樽見鉄道に客車が走っているころに乗っておくべきでした。当時は、国鉄に乗るのに忙しくて第3セクターにまで手が回りませんでした。

 

f:id:Estoppel:20200110185848j:plain

 日本国有鉄道の銘板以外がありません。高価な物だけパクられているようです。

 

 神海駅

 

 ここまでが国鉄時代で、この先が未成線の状態で第三セクター化されました。

 f:id:Estoppel:20200110185917j:plain

 国鉄時代から変わらない駅舎です。しかし国鉄も後の方でできた駅舎なので、他も含めて安普請です。

 

f:id:Estoppel:20200110185941j:plain

 「美濃」をとっているので、バランスが悪いです。国鉄時代の駅名は「美濃神海」です。

 

f:id:Estoppel:20200110185958j:plain

 窓口ですが、中は地域の交流スペースになっているようです。

 

f:id:Estoppel:20200110190025j:plain

 名古屋駅で買った駅弁をこの風景の中で味わいました。

 

f:id:Estoppel:20200110190042j:plain

 これは国鉄製のベンチですね。飯田線新城駅の待合室などでよく見ました。 

 

 樽見駅

 

f:id:Estoppel:20200110190146j:plain

 駅正面。無人です。

 

f:id:Estoppel:20200110190216j:plain

 構内は客車にも対応できるようになっています。

 

f:id:Estoppel:20200110190230j:plain

 立派な待合室になっています。

f:id:Estoppel:20200110190242j:plain

 桜の名所である薄墨桜は徒歩圏です。この薄墨桜は小学生の時の道徳の副読本を読んだ時から知っています。当時枯れかかっていた桜を必死に治療したという話で、桜だけではなくて、国鉄バスの名金線の話が書かれていたので印象に残っていたのだと思います。桜だけならたぶん忘れていました。

 

f:id:Estoppel:20200110190253j:plain

 うすずみ温泉行きバスの時刻です。1本あとの列車でもどれば何とか一風呂浴びて帰ることができると思います。