旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【海外旅行系】 ベオグラード(セルビア)⇒ポトゴリッツァ(モンテネグロ)夜行列車の旅

  ヨーロッパの鉄道が好きな方にはバール鉄道といった方がいいかもしれません。ベオグラードからバールに向かう夜行列車の記録です。ちなみに国境越えで2回起こされます。しかも車掌の起こし方がすこぶる雑で、窓に向かって寝ていたら足首もって引っ張るんですよ。JRの車掌がこんな起こし方したら、絶対客にキレらますね。

 おまけに日本との時差が8時間あるので、夜中に普通に仕事の電話がかかってきて参りました。

 

f:id:Estoppel:20191129115921j:plain

 ベオグラード駅前です。東ヨーロッパ感がしっかり出ています。

 

f:id:Estoppel:20191129115941j:plain

 ホームは行き止まり式です。

 

f:id:Estoppel:20191129115951j:plain

 出札です。朝のうちにその日の夜行列車の乗車券を購入しました。

 

f:id:Estoppel:20191129120039j:plain

 ネットで購入しようと何度試みてもうまくいかないので、メールで問い合わせたら故障中とのことでした。詫びの言葉はいちおうあったものの、HPに書いておけよと思いましたね。これは駅で購入したものです。乗車券と寝台券に分かれています。

 

f:id:Estoppel:20191129120004j:plain

 発車直前の列車です。

 

f:id:Estoppel:20191129120013j:plain

f:id:Estoppel:20191129120024j:plain

f:id:Estoppel:20191129120147j:plain

 二人用をルームチャージを支払って一人使用とします。

 

f:id:Estoppel:20191129120203j:plain

 トイレはまあ普通ですね。

 

f:id:Estoppel:20191129120350j:plain

 この列車の最大の魅力は翌朝のモンテネグロに入ってからです。夏ですとこれぐらいの明るさの時間に通るので、風光明媚な風景を拝むことができます。

動画は下をクリックしてください。いちおう世界の車窓から風に撮れていると思います。


【風光明媚】 ベオグラード→バール 夜行列車

f:id:Estoppel:20191213224328j:plain

有名なマラ・リイェカ橋梁です。なんとかこの鉄橋に間に合うように起きることができました。

 

f:id:Estoppel:20191129120212j:plain

f:id:Estoppel:20191129120221j:plain

 途中駅の輸送主任さんです。帽子が赤なのは運転関係の責任者の証ですね。

 

f:id:Estoppel:20191129120300j:plain

 ポトゴリッツァ駅発車風景。終点のバールに向かって発車するところです。ここから観光地のコトルにむけてバスが出ているので、この駅で降りるのがベストです。

 

f:id:Estoppel:20191129120310j:plain

 ポトゴリッツァ駅正面。

 

f:id:Estoppel:20191129120321j:plain

 こちらは出札です。

 

f:id:Estoppel:20191212010434j:plain

 乗らないですが、バールまでの乗車券を記念に買いました。

 

f:id:Estoppel:20191129120331j:plain

 対面に両替所です。