旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【海外旅行系】 テッサロニキ(ギリシャ)⇒(マケドニア)⇒ベオグラード(セルビア)夜行列車の旅

 過去にこの記事で扱った夜行列車のお話です。 とりあえずギリシャからマケドニアまでです。

  

f:id:Estoppel:20191225210421j:plain

 テッサロニキ駅正面

 

f:id:Estoppel:20191225210435j:plain

 駅全景。行き止まりです。

 

f:id:Estoppel:20191225210446j:plain

 駅待合室。デカいです。

 

f:id:Estoppel:20191225210502j:plain

 古い乗車券箱と日付印字器。日付印字器は奥に押して印字するタイプです。

 

f:id:Estoppel:20191225210512j:plain

 予め日本で発券してもらった乗車券と寝台券です。

 

f:id:Estoppel:20191225210528j:plain

 改札口ですが、自由に出入りできてしまいます。

 

f:id:Estoppel:20191225210537j:plain

 駅構内。おおむね30分ごとにコミュータートレインが到着します。で、見物しながら、待っていたのですが、一向に夜行列車が来る気配がないので、近くにいた警備員に聞いたら、なんと、代行バスとのこと。

 

f:id:Estoppel:20191225210550j:plain

 駅のすぐ横に停まっていました。間一髪でのれました。なお、乗客は15名ほどです。

 

f:id:Estoppel:20191225210601j:plain

 ギリシャマケドニア国境。鉄道で超えるはずが、バスになってしまいました。

 

f:id:Estoppel:20191225210617j:plain

 バスの運転手が全員分のパスポートをもって事務室に申請に行ってくれました。日本人は私一人です。

 

f:id:Estoppel:20191225210629j:plain

 ということで、パスポートの印字は車マークとなりました。

 

f:id:Estoppel:20191225211238j:plain

 マケドニア側の駅に到着。すごく痛んでいました。

 

f:id:Estoppel:20191225211247j:plain

 駅構内。貨物駅といった雰囲気です。

 

f:id:Estoppel:20191225211256j:plain

 待合室と出札口。

 

f:id:Estoppel:20191225211318j:plain

 そして、ベオグラード行きの列車に乗り込みます。

 

f:id:Estoppel:20191225211328j:plain

f:id:Estoppel:20191225211336j:plain

 オーソドックスなコンパートメントです。扉で仕切られていて、あけると隣と行き来できるようになっていました。

 

f:id:Estoppel:20191225211346j:plain

 室内の洗面台です。

 

f:id:Estoppel:20191225211355j:plain

 トイレは普通ですが、紙がありません。

f:id:Estoppel:20191225211923j:plain

f:id:Estoppel:20191225211933j:plain

 ベオグラード駅に到着。

 

 なお、この列車でも深夜にパスポートチェックがあり、起こされました。