旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 これは便利! こんなところに「みどりの窓口」 羽田空港編

 新企画・こんなところに「みどりの窓口」シリーズ始めます。最近は、窓口が減ったうえ、外国人も多くなって、いつ行っても駅のみどりの窓口は混んでますよね。でも、みどりの窓口は駅だけとは限りません。わたくしが見つけたみどりの窓口を独自の視点からご紹介します。

 

 トップバッターは羽田空港。読者の皆様のニーズを考慮してここから始めます。特に探していたわけではなく、空港をブラブラ歩いていたら、吾輩のスカウターに例のみどりの窓口マークが反応したのです。

 

f:id:Estoppel:20190326193638j:plain

 

 旅師としては、見つけた以上、買わないわけにはいきません。といっても、帰宅は京急都営地下鉄なので、JRは乗らないし・・・と思っていてひらめきました。来週は仙台出張だったわいと。行きは福岡から飛行機で直行なので、帰りを買ってみました。

 

f:id:Estoppel:20190326193728j:plain

 

 発行場所が「HP T1羽田地下F」となっています。HPはヒューレットパ・・・ではなく、羽田パッセンジャーズサービスの略でしょうね。領収書を見るとわかります。運営会社の「羽田旅客サービス株式会社」です。T1はターミナル1、地下Fは地下フロアでしょう。

 

f:id:Estoppel:20190326195529j:plain

 

 ちなみに、ここは旅行業の代理店ではなく、単なるJRの発券窓口(委託販売)と思われます。

 

 ということで、地方から羽田空港に着いてJRに乗る方や、羽田空港から飛行機に乗ってその先でJRに乗る人にはお勧めです。なんせ誰も並んでないですから、すぐ買えます。新千歳空港に行く人などは便利でしょうね。新千歳空港の窓口も混んでますし。それに旅行会社のように面倒な申込用紙も書かされないので、楽です。

 

 ★カードでの購入は十分注意してください。払い戻しや変更で制限がかかります。払い戻しはここまで戻ってくる必要があると思います(取消自体は最寄りのJRの駅で可能)。

 ★複雑な発券はできない可能性があります(契約上およびスタッフの能力上)。

 

 ということで、頭の片隅に入れておくと役に立ちそうなみどりの窓口でした。

  特に金曜日の夕方のみどりの窓口なんて、アホみたいに混んでいますから重宝します。なお、券売機も混んでいて、時間がない場合は改札口で頼み込んで「無札証明」をもらうか、在来線の券売機で入場券を買ってとりあえず乗って(乗車券では新幹線ホームに入れない。)、車掌から購入するといいと思います。私は関空からドバイに行くときに、特急はるかとの接続がギリギリで本当にやばかったので、名古屋駅で無札証明をもらって新幹線に乗りました。