旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【切符系】 振替乗車票の思い出(中央本線・御茶ノ水駅)

 都市部で通勤している方は事故などで他社線への振替乗車を経験している方も多いかと思います。そのときに配られるのが、「振替乗車票」です。地方の場合は代行バスなどが多いので、配られることは少ないと思います。

 

 その振替乗車票の思い出です。わたくしが大学生になったときにはすでに軟券化していたのですが、最初にもらった振替乗車票がたまたま硬券だったのです。そのときは大学の定期試験だったと思います。総武緩行線(そうぶかんこうせん:黄色い方を意味するJR用語)がとまっていたので、都営新宿線に乗り換えるために御茶ノ水駅でもらいました。その後、軟券にきりかわったので、おそらく御茶ノ水駅の最後の硬券だと思います。もちろんコレクションにするため、都営新宿線の方は普通に乗車券を買って大学に向かいました。

 

 結局20分の遅刻で単位も何とか取れましたが、硬券を手に入れたことの方がうれしかったですね。趣味系のショップで買うことはできるのですが、自分で現場で手に入れたという経験がプライスレスなのです。

 

 なお、この乗車票は着駅で集められて、集計し、その後鉄道会社間の振替運賃の精算に回されます。さらにその分の費用は事故の加害者に請求されます。

 ※JR以外は人身事故の遺族に請求することは少ないとうわさで聞いた。

 

f:id:Estoppel:20190214115416j:plain

 

 

f:id:Estoppel:20190214115425j:plain

 のちにこのような軟券にかわっています。