旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 地酒でもない、地ビールでもない、地牛乳をたのしもう。

未成年では地酒も地ビールも楽しめませんね。
安心してください。地牛乳があります。

私は高校生まで牛乳があまり好きではありませんでしたが、
夏休みの旅行にいったとき、駅の売店で牛乳を飲んでから好きになりました。

あれはたしか紀勢本線熊野市駅三重県)だったと思います。
あまりにものどが渇いていて、自販機よりキヨスクのドリンクコーナーに何故か目がいって、ビン牛乳を飲みました。
うまかった。牛乳ってこんなうまい物なんだとおもいましたね。
それから旅行に行くたびにいろいろな駅で地牛乳をたのしむようになりました。
今でも道の駅やサービスエリアで買ったりしますね。
更には田舎に行って雑貨屋とかスーパーで買ったりもします。

自動車学校でも飲んでました。


思いましたね。牛乳が嫌いだったのではない、雪印の牛乳が旨くなかっただけなのだと。小学校、中学校、家庭ともすべて雪印の牛乳で、あれ、うまくなかったんですよ。

 

というわけで、未成年の皆さんは大人になる前は、地牛乳をたのしんでください。
JRの駅の売店にはほとんどあります。

更には温泉や銭湯にいったらそこでも楽しんでください。
その際は注意点があります。必ず、ビンをもってない方の腕は腰に当てなければなりません。これが作法です。俺は恥ずかしいから、やらんけど。


ここまで読んできて、賢明な読者は疑問が湧くでしょう。
お前、ひょっとしてビンも集めているだろう?と。
集めていません。やりそうになったんですが、重いんですよ。
私、旅行の荷物は最小限にする派なんで。
海外に行くときも5キロまでとして、機内持ち込み。
これで誰よりも早く入国審査を済ます。スーツケースも持っていません。

 

ちなみに高校の売店で売っていた地元のビンジュースが2年生でなくなるという情報を得たときは、一番きれいなビンを選んで持ち帰り保管しています。
何の役立つかわからないけど。

 

(たまに読んでいるビアライターさんのブログ)

マニアックな鉄道ネタも入っていて楽しめます。

www.hiroyukitomie.me