旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 むかしは最西端 松浦鉄道の旅 前夜編 (佐賀県)※筑肥線に乗ったよ

 話が長くなりそうなので、前夜編として伊万里に宿泊するまでです。平戸で宿泊するのがベストなのですが、18時まで福岡の天神で仕事があったので、伊万里までしかいけませんでした。

 ちなみに今は沖縄にモノレールがあるので、モノレールまで含めると松浦鉄道は最西端ではありません。 駅員さんも運転士さんもいい人ばかりだったので、ツッコミはこの程度にしておきましょう。

 

 まずは乗車券の購入方法からです。

 

★ここがポイント

 1日で松浦鉄道を乗りとおす場合は、片道でも2600円かかるので、途中下車もできて戻ることもできる1日乗車券が2000円とお得です。これは運転士からも購入できるので、窓口の営業時間外でも安心です。

松浦鉄道 1日乗車券|松浦鉄道株式会社【鉄道,広告,ヘッドマーク,旅行】有田~平戸~佐世保

 

★ここがポイント

 平戸で1泊するパターンの場合は、1日乗車券では損をします。その場合、JR→たびら平戸口たびら平戸口→JRでそれぞれ101キロ以上の乗車券を購入すると、途中下車可能となり、途中で遊びながら進めます。なお、現在は制度が変わってしまい、たびら平戸口より先まで購入することはできません。

f:id:Estoppel:20190827215032j:plain

 これは姪浜から最低区間で購入して、車掌に区変券を売ってもらった事例です。姪浜は券売機しかありませんので、車掌か途中駅で乗り越しの乗車券を作ってもらう形となります。これで伊万里で降りて1泊しました。もちろん松浦鉄道線内でも途中下車可能です。

 ※○ムの表記は、近距離など限定した乗車券しか発売していないことを意味します。また姪浜駅福岡市交通局の管理駅で、券面の地紋もJRではなく、交通局地紋です。

 

f:id:Estoppel:20190828103908j:plain

 むかしは窓口でこのような手売りの乗車券を売っていました。今回、聞いてみたところ、すべて券売機に統一されているとのこと。 

 

 

f:id:Estoppel:20190827215356j:plain

 さらに、たびら平戸口では、大村線経由で喜々津まで購入し、途中下車を繰り返していきます。ただ、松浦鉄道は有人駅も運転士が集札をするので、途中下車印は押されません。佐々、佐世保中央、千綿と途中下車し、最後に諫早駅で途中下車して、そのままもらいました。「途中下車前途無効」が消されていますが、普段から101キロ以上の乗車券がいかに出ないかが良くわかります。 どうやら先にゴム印を押してあったようです。

 

 筑肥線乗車記録

 

f:id:Estoppel:20190827230141j:plain

 筑肥線筑前前原をすぎるとのどかな雰囲気になってきます。車内検札で捕まった高校生3人組が車掌に説教されて3倍の金額を支払っていました。若い車掌ですが、なかなか仕事熱心です。

 

f:id:Estoppel:20190827230214j:plain

f:id:Estoppel:20190827230230j:plain

 唐津駅です。さびしい。

 

f:id:Estoppel:20190827230239j:plain

 わたしの旅記念スタンプが現存しています。

f:id:Estoppel:20190827225431j:plain

 高校生のときに押したものと比べたらサイズが変わっていました。

 

f:id:Estoppel:20190827230256j:plain

 唐津駅テナント20時ごろです。何ともさびしい。

 

f:id:Estoppel:20190827230310j:plain

 予想はしていましたが、駅弁などはなし。駅構内に入っているコンビニで弁当と焼き鳥を購入し晩飯です。地方の主幹駅はどこもこんな感じで寂しい限りです。

 

f:id:Estoppel:20190827230325j:plain

 伊万里行きの終電に乗ります。乗客5名。

 

f:id:Estoppel:20190827230338j:plain

 うしろはキハ125系ですが。

 

f:id:Estoppel:20190827230348j:plain

f:id:Estoppel:20190827230355j:plain

 前はキハ47系。もちろん国鉄型のこちらに乗車です。

 

f:id:Estoppel:20190827230408j:plain

 だんだん高校生のときの記憶がよみがえってきました。あのときも夏休みの同じような時間帯にこの列車に乗りました。。。18きっぷで、はるばる愛知県からやってきましたが、今回は飛行機でさくっと福岡入りです。

 

f:id:Estoppel:20190827230422j:plain

 非冷房時代をしのばせるJNR扇風機。

 

f:id:Estoppel:20190827230435j:plain

 強引につけた冷房設備。

 

f:id:Estoppel:20190827230459j:plain

 しばしの時間、国鉄を味わいます。

 

f:id:Estoppel:20190827230524j:plain

 これですよ。これ。ヒーターの配管スペースがあるので、窓際は立ち上がりがあって足の置き場に困るやつ。気動車や客車には必ずありました。

 

f:id:Estoppel:20190827230539j:plain

 短い足と汚い靴で申し訳ないですが、こんな感じになります。

 

f:id:Estoppel:20190827232938j:plain

 いつもの落書きチェッ~ク。「唐商(唐津商業高校)の手洗場からマンホールを見よう」。意味わからん。この路線に卑猥な落書きはなかったので、このあたりの高校生の品はよろしいようです。

 

f:id:Estoppel:20190827230634j:plain

 伊万里焼の駅名板のようですが、駅が分離してしまい松浦鉄道は意味をなしてない?

 

f:id:Estoppel:20190827230622j:plain

 伊万里駅終端部。

 

f:id:Estoppel:20190827230657j:plain

 でかい車止め標識です。

 

f:id:Estoppel:20190827230728j:plain

 もう改札も閉まっています。

 

f:id:Estoppel:20190827230850j:plain

 右がJR伊万里駅、左が松浦鉄道伊万里駅です。

 

f:id:Estoppel:20190827230837j:plain

 駅前の伊万里セントラルホテルに泊まりました。ここが駅に近くて、新しくて便利だと思います。朝飯もうまいです。出張でたまっていた楽天ポイントを吐き出しました。

 

f:id:Estoppel:20190827230924j:plain

f:id:Estoppel:20190827230935j:plain

f:id:Estoppel:20190827230948j:plain

 これは面白いですね。朝食会場の混雑状況が部屋のテレビでわかる。

 

f:id:Estoppel:20190827231007j:plain

 早朝の風景です。こんなに景色がいいとは思わなかった。