旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符など。リンクフリーです。

【切符系】 縁起物?違います。レア度高めの赤色入場券。

f:id:Estoppel:20200630224006p:plain

 

 国鉄・JRを通じて通常、入場券といえば、黒色ですが、今回は全部赤色。

 縁起物ではありませんよ。

 

f:id:Estoppel:20200624234212p:plain

f:id:Estoppel:20200624234248p:plain

 赤色の文字がはいる小児の入場券はどうなるのか?

 こうなります。オール赤です。

f:id:Estoppel:20200624234318p:plain

  

 こういった入場券は在来線の改札を入った新幹線乗換口の出札で扱われていた入場券です。

 普通乗車券だけですと、新幹線の改札内に入ることはできませんが、さらに新幹線の窓口で入場券を購入することで入ることが可能です。通常、乗車券を所持しているか確認しますが、そのあと乗車券と入場券という二つのキップを持っていることで、もういちど改札を出られてしまうといった不正を防止するための措置です。

 

   東京駅入場券

 

f:id:Estoppel:20200628095256p:plain

 こちらも新幹線口は赤色でした。○改は改正後の入場券、Nはたぶん新幹線を意味し、②は窓口番号だと思います。

  

  米原駅入場券

 米原駅の新幹線口はちょっとだけ違います。 

f:id:Estoppel:20200701191327p:plain

  駅名の下が二重線ですね。急いでいると、間違えそうです。 

 

   上野駅入場券

 上野駅改札内で発売されていた入場券は、赤ではなく、このタイプでした。

 まったく大きさが違うので、すぐに判別出来ますね。○キは、機動部隊の意味です。多客時にテーブルとパイプイスでキップを売っていたりする人たちです。

f:id:Estoppel:20200628015515p:plain

 

 

www.estoppel.jp