旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【営業規則系】 裏技 往復乗車券・連続乗車券の逆使用を活用する

 往復乗車券や連続乗車券を購入すると、JRの場合は、2枚発券されます。この場合に、素朴な疑問として、逆に使っても良いのか気になる方もいると思います。特に制限する規定もないので可能というのが通説で、JRもそのような運用をしています。

   

 ● 往復乗車券の逆使用 

  往復乗車券の場合は、逆に使えるからといって特に意味があるわけではありません。あえて言えば、一周形式の場合に逆ルートで帰るなどでしょうか。  

f:id:Estoppel:20200314124430j:plain

 たとえば、名古屋市内→名古屋市内の乗車券で中央線で行って、新幹線でもどって、2回目は逆に新幹線で行って中央線で戻るような形です。往復割引も使えるので、短期間に2往復するなら安くなります。このときに逆で行くことも考えうるということですね。

 これは、時間のあるときにやっていた私の出張ルートです。

  

 ● 連続乗車券の逆使用

 連続乗車券の場合は、学割証を節約したいときや、有効期間を増やしたいときに威力を発揮します。

 連続乗車券自体の活用法は関連記事を読んでください。

 たとえば下記のように東京から久留里線に遊びに行った場合です。このような場合、連続にはできないので、学割証が2枚必要に見えます。

f:id:Estoppel:20200311182702j:plain

 東京から久留里線の上総亀山に行って、そこからバスで安房鴨川まで移動してから外房線に乗って帰ってくるルートです。途中でJRが途切れてしまうので、片道1枚にも(一般的に購入する)連続にもできそうにありません。しかし、逆使用することを前提にすると連続乗車券として可能となるのです。

 スタートが行川アイランドになっているのは、この駅で降りたかったのですが、途中下車ができないので、安房鴨川→行川アイランドを別に購入したからです。

 

 

f:id:Estoppel:20200311185828j:plain

 

 ということで、おさらいすると、

 「発駅→(JR)→(別の輸送機関※)→(JR)→発駅と同じ駅」となる場合は逆使用が活用できるということです。

 ※通過連絡運輸が可能な場合は、片道で発券できます。詳しくは関連記事を参照ください。

 

f:id:Estoppel:20200314125751j:plain

 航空券でいうと、オープンジョー(開いたあご)チケットですね。 途中で陸上移動や一連の運賃計算ができないLCCなどを使って移動するような形と同じです。

 ※より正確にはTurnaraound Single Open Jawです。