旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 5割引き株主優待券(鉄道割引券)を使ってみた(JR九州)

 これはコスパが良いですよ。今は株をもってないので、ヤフオクで手に入れたのですが、 費用を払っても、半額になるメリットはデカいです。JR西日本は新幹線需要が大きいので、高めの相場で維持していますが、JR九州はやすいです。 

 

f:id:Estoppel:20200128232002j:plain

f:id:Estoppel:20200128232014j:plain

 で、条件ですが、JR西日本とかわりません。特徴だけおさえておきます。

 ●山陽新幹線博多南線には使えません。

  →JR九州ではないですからね。

 ●片道しか使えません。

  →1周形式にするなどの工夫をしましょう。

 ●個室には使えません。

  →下記の記事で取り上げた個室です。

 ●複数の列車の特急券に使える。

  →これが一番大きいですね。いや~、ほんとに途中下車を繰り返す旅にはこれが一番のメリットですわ。

   ●乗車変更が可能です。

   →学割と同じように、使用開始前なら変更できます。実際に下記の乗車券と右下の特急券は乗車変更しています。

 

  ★  ★

 

 さて、私の今回使用したルートは下記の通りです。

 

f:id:Estoppel:20200406121158p:plain

 

f:id:Estoppel:20200406121248p:plain

 

f:id:Estoppel:20200406121405p:plain

f:id:Estoppel:20200406130119p:plain

 8070円が浮きました。

 

 JR九州最長片道切符

 

 ということは、マニアの発想はこれ。最長片道切符。

 乗車券だけですが、計算してみました。

f:id:Estoppel:20200406130412p:plain

 1409キロなので、時刻表に当てはめてみます。

f:id:Estoppel:20200406131303j:plain

 1000キロまでしか記載がありません。もちろんこの先も規定があって、JR九州のHPには載っていました。 

 

f:id:Estoppel:20200406132338p:plain

  16,390円なので、10円未満を切り捨てて、8190円となります。

 ということは8200円割引となるわけです。これに特急料金が半額になったらもっと大きいと思います。