旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【営業規則系】 なくした乗車券が見つかる可能性があるときは再収受証明をもらおう。

 ほとんどの鉄道会社には「再収受証明」という制度があります。乗車券をなくしたときに、再度、同じ区間を支払って、後日、発見された場合は1年以内に持っていけば、手数料を引かれて払い戻してくれる制度です。 

 もし、キップを無くした場合は、明らかに発見できない場合を除いて、これをもらっておくといいでしょう。

 

f:id:Estoppel:20200114145536j:plain

 こんな感じで、申告区間と「再収受証明書」が発行されます。補充券で出す場合と専用の券種がある場合があります。最近は機械で発行できる例が増えています。

  

  ★  ★

 

 さて、以前に某地下鉄で乗車券が見つからなかったので、申告したのですが、駅員は乗車券は当日限りなので、後で見つかってもだめですよというのです。本当かな~って思い、少し食い下がり、次の会話が続きます。

 

 オレ:「JRだと1年以内に持って来れば払い戻してくれるのですが、●●市交通局はそういう制度はないんですか?」

 駅員:「そんな制度はないので、払ってもらうしかないですね。」

 オレ:「では、払いますので、領収書を発行してください。」「後でお客様センターに電話して確認してみます。間違っていたらクレームを入れます。」

 駅員:静かに領収書を書きだすと思いきや、再収受証明書を無言で発行。

 オレ:(心の中で)(゚Д゚)ハァ?とおもいつつ、「あるじゃん!」

 駅員:「発見しても手数料をとるので、40円しか戻りませんよ。」

 オレ:(また心の中で)そりゃ、あんたが決める事じゃない!と思いつつ、「いいですよ。」

 

 ということで、たぶん書類を書くのが面倒なので、だましたのだと思いますね。だいぶ客をなめ腐っています。別に混雑もしておらず、暇そうな時間なのに、何たる態度かと思いましたわ。しかも公務員でこれですからね。ちくったら懲戒処分(訓告ぐらい?)ですね。

 別にちくってはないですが、駅員としての矜持の足りなさに腹が立ちました。面倒でも業務として定められている以上はやらなきゃ。

 

 ちなみにわたくしは駅員時代はきちんと案内をしていました。「書類作成に少しお時間をいただきますが、1年以内なら払い戻しできます。手数料を引くと、●●円しか戻りませんが、いかがしますか」と。残念なことに皆さん、受け取りを断ってきます。

 残念なことに(?)というのは、私は他の駅員と違って、面倒なことが好きなタイプだったので、再収受証明を作りたくてしょうがなかったからです。仕事熱心であることにはかわりないのですが、変な方向にやる気のある駅員でしたね。