旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 常備軟券絶賛発売中 水島臨海鉄道(岡山県・倉敷市)

 倉敷駅から瀬戸内海方向にちょこっと延びている水島臨海鉄道です。「臨海」とついていることから想像できるように基本的に貨物がメインですが、工場関係や倉敷市街にむかう通勤客も結構いるようです。 

 

 倉敷駅

f:id:Estoppel:20200215142608j:plain

 サンライズ出雲を降りたばかりでまだ暗いです。南口を出て右に曲がります。

 

f:id:Estoppel:20200215142620j:plain

 立体駐車場と一体化した駅です。効率よく駐車場収入が確保できますね。

 

f:id:Estoppel:20200215142959j:plain

 趣のある駅名板です。

 

f:id:Estoppel:20200215142725j:plain

 基本的に乗車券は券売機ですが。

 

f:id:Estoppel:20200215142629j:plain

 常備券もあります。もちろん使えますので、使って持ち帰るのもありですね。

 

f:id:Estoppel:20200215142738j:plain

 ただし、窓口の営業時間しか売っていません。

 

f:id:Estoppel:20200215142647j:plain

 いちおう片道券1枚と、回数券、手回り品切符を購入しました。手回り品はコピーで作製されたものでショボイです。

 

f:id:Estoppel:20200215142930j:plain

 グッズもあります。

 

f:id:Estoppel:20200215143024j:plain

  ホームです。片側1線です。

 

f:id:Estoppel:20200216102129j:plain

 倉敷市駅に入る手前に連絡線があり、貨物列車は倉敷市駅のホームには入らず直接、JR倉敷駅に入っていきます。 

 

f:id:Estoppel:20200216102814j:plain

 列車は多くて2両なのですが、貨物列車が長いので、ホーム長に比べて待避線がべらぼうに長いです。

 

f:id:Estoppel:20200216102853j:plain

 交換可能駅は、どの駅も上下線の場内信号機と出発信号機があり、どちらにも入れるようになっています。

 

 水島駅

f:id:Estoppel:20200215143146j:plain

 パッと見、立派なのですが。

 

f:id:Estoppel:20200215143303j:plain

 日曜日は券売機も含めて出札は休みでした。

 

f:id:Estoppel:20200215143314j:plain

 営業時間です。昨年、変更になったのでキップを買いに行く方は注意してください。

 

f:id:Estoppel:20200215143327j:plain

 単機のディーゼル機関車が反対方向に向かっていきました。入換信号機なども含めてところどころに貨物鉄道を感じますね。

f:id:Estoppel:20200216103456j:plain

 上から出発信号機、進路表示機(右に向かう)、入換信号機です。

 

 三菱自工前

f:id:Estoppel:20200215143227j:plain

  ここまで来ない便もあるので、終点まで乗る際は注意してください。

 

f:id:Estoppel:20200216104316j:plain

 乗客は私のみでした。

 

f:id:Estoppel:20200216103406j:plain

 終端方向です。この奥が倉敷貨物ターミナル駅です。

 

f:id:Estoppel:20200216103424j:plain

 三菱自工前から倉敷市方向に少し行ったところで、かつて港の方向に延びていた廃線が残っています。廃線マニアさんはじっくり港まで歩いたらいかがでしょうか。踏切部分以外は意外と残っています。