旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【海外旅行系】 飛行機に乗り遅れて12万円を払って帰ってきました。(イスタンブール)

 9000円、安!って思って、調子こいてLCC使ったら、空港間移動でバスが遅延して日本に帰ってこれなかった話です。まじでイスタンブールの渋滞は最悪ですわ。

 2015年9月の話ですが、今も状況はあまりかわってないようです。

 

 ちなみに航空券格安サイトでLCCを見ると、その航空会社のHPで予約するよりも5000~8000円高いことが結構ありますので、直予約がいいかもしれません。ただ、英語のページだけですし、変更手続きの不安などがある場合は日本のサイト経由の方がいいかもしれません。

 

 さて、順を追って失敗談を語りますね。サラエボボスニア・ヘルツェゴビナ)からイスタンブール、その後はトルコを経由して関空に帰ってくる予定で、サラエボからイスタンブールをLCCのペガサス航空にしました。しかし、到着空港が別だったんです。まあ当初からわかっていたので、渋滞も含めて5時間の乗り換えを設定すれば大丈夫だろうと踏んでいましたが、それすら甘かったんですね。

f:id:Estoppel:20200111002634j:plain

 サラエボ空港でとったペガサス航空です。最初の保安設備の解説ビデオの登場人物が全員子供たちで、迫真の演技がおもしろかったです。

 

 まず空港の位置関係は下記の通りです。東のサビハ・ギョクチェン空港が新しいほうで、西のアタチュルク空港が古い方です。 距離は成田・羽田間より短いです。

 

f:id:Estoppel:20200110192857j:plain

 これは市街までいくサビハ・ギョクチェン空港のバス停です。このときは余裕があるので、時刻表とか写真をとって余裕の構えです。

 

f:id:Estoppel:20200111003100j:plain

f:id:Estoppel:20200111003109j:plain

 参考のため、時間もアップで乗っけておきます。

 

f:id:Estoppel:20200110192918j:plain

 これがバスのルートなのですが、途中の高速道路がひどい渋滞で、ずっと自転車レベルの進み方で、3時半間はかかったと思います。

 

f:id:Estoppel:20200111000324j:plain

 ボスポラス海峡が一番最悪。徒歩以下のスピードなんですよ。いまデータをみたら海峡の写真もないので、そんなテンションではなかったんでしょうね。さすがの旅師も写真をとっている心の余裕がなくなっています。

 

f:id:Estoppel:20200110192928j:plain

 その後、次なる連絡バスに乗っては明らかに間に合わないと思い、バスの中で親切そうな兄ちゃんに声をかけて地下鉄の駅に一番ちかいバス停を教えてもらい下車しました。

 

 その後はダッシュで空港に向かって、チェックインカウンターに着いたのがフライト40分前。日本ならなんとかセーフだと思いますが、イスタンブール空港の混雑は半端ない。エミレーツ航空のエラそうなオバちゃんを見つけて直談判したものの、「もうあかんがな。明日13時にもう一度きたって。」ってな返事。答えは英語なんですが、声のトーンとかそんなイメージでした。

 

 で、あきらめて空港から2駅離れた駅近くのホテルに泊まってせっせとネットサーフィンです。探しまくったら、ターキッシュエアラインズなら午前発で、日本に早朝着。しかし12万円。しかも成田着。

 もう早く日本に帰りたいモードなので、12万円かけて成田空港に帰ってきました。その後は焼けになって、新幹線のグリーン車で爆睡して名古屋に帰ってきました。家に帰って、風呂に入って14時から仕事に着いたので、半日有休にしました。

 

 つーことで、イスタンブールの空港間移動はマジできーつけておくんなまし。

 海外旅行でここまで回復不能な遅延は初めてでした。

 

f:id:Estoppel:20200111000711j:plain

 これ地下鉄の写真です。すでに乗り遅れたあとで、放心状態でとった写真ですね。