旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 黒字の理由も納得 伊勢鉄道の旅(三重県) その3

 鈴鹿サーキット稲生駅

f:id:Estoppel:20200109203949j:plain

  これは国鉄伊勢線の時代。1986年12月です。

 

f:id:Estoppel:20200109213214j:plain

 現在の状況です。

f:id:Estoppel:20200109213231j:plain

 複線になっている以外はそれほど変化はありません。

 

 徳田駅

f:id:Estoppel:20200110010426j:plain

 国鉄時代にはなかった駅ですね。
 

 

 中瀬古駅

 この駅はトータルで4回訪れていますが、変貌ぶりが一番激しいですね。

f:id:Estoppel:20200109204008j:plain

 おなじく1986年12月です。荒涼感がわかる角度で撮ってみました。 ただ、画面の右の方には住宅街が広がっていてスーパーもありました。

f:id:Estoppel:20200109204501j:plain

 こちらは2006年12月。立派な駅舎になっています。

 

f:id:Estoppel:20200109213509j:plain

 出札のあとがあります。

 

f:id:Estoppel:20200109205629j:plain

  こちらは2015年8月。なぜか閉鎖されています。現在は解放されています。

 

f:id:Estoppel:20200110032221j:plain

 中瀬古までが複線です。この先も複線にできる用地は存在します。
 

 伊勢上野駅

  

f:id:Estoppel:20200110032242j:plain

  

 河芸駅

  

f:id:Estoppel:20200110032303j:plain

 交換可能駅です。国鉄時代は片面ホームで交換は出来ませんでした。  

 

 東一身田駅

 

f:id:Estoppel:20200110032327j:plain

 

 津駅 

 

f:id:Estoppel:20200110032457j:plain

 津に到着しました。
 

 

 おまけ・・・近鉄津駅の片道補充券

f:id:Estoppel:20200107154740j:plain

 津には片道補充券がありましたので、東京都区内まで購入し、これで帰ってきました。東口で発売しています。