旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符など。リンクフリーです。

【鉄道部品系】 ご当地懐中時計をオブジェにいかが。(鉄道用懐中時計)

 高校生の時に近所の病院の院長が鉄道好きで、診察室の机の上にいつも懐中時計が置いてあって、気になっていました。置いてあったのはセイコーの鉄道用の懐中時計です。最近では、同じものも市販されています。 www.seikowatches.com

 

 しかし、旅師のこだわりは本物志向! 

f:id:Estoppel:20191225202230j:plain

 これは私が持っている物です。マニア間では出回る数の少ないことで有名な「JR東海 飯田支店」の物です。別にレアだから買ったわけではなく、やはり飯田線で使われていたところにこだわっています。以前は、静岡支社の物を使っていましたが、2個もいらないので売ってしまいました。

 机上に掲げて、さきほどの病院の院長のように日常的に利用しています。

 

 ちょっと難点があるのですが、長針と短針が重なると読みにくいんですよね。なぜ、これが長年改良されないのか不思議です。短針をもっと太く短くしてほしい。

 

 ということで、皆様も机周りのオブジェにどうですか?

 買うときは、自分のお気に入りの鉄道や路線に関わる物などがいいと思います。ヤフオクや趣味系ショップをこまめに確認していると、結構、いろいろな種類が登場します。ただ、国鉄時代の物を買うと、手巻き式であったりして、実用性に難があるうえ、プレミアがついて高いと思います。高校生のときに手巻き式を買ったのですが、巻くのが面倒になって全く使いませんでした。

 新しい物では、表面にJRマークが入っているものも出始めています。たしかJR四国だったと思います。

 

 現場ではこんな感じで使われています。 

f:id:Estoppel:20200107134316j:plain

 なお、基本的に運転士が使用したものなので、キズが結構ついています。助役が使っていたと思われる物は比較的きれいです。

f:id:Estoppel:20200107134821j:plain

 名鉄は専用のケースに入っているので、比較的キズが少ないと思います。