旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 清流という冠は確かだった。錦川鉄道(山口県) 後編

  北河内駅

 

f:id:Estoppel:20191018165405j:plain

 無人ですが、有人駅であったことがしのばれます。

 

f:id:Estoppel:20191018122921j:plain

 右は岩日線の50周年記念碑なんですが、石碑の形とあいまって転轍標識(ポイントの切り替えが視認できるようにするための標識)が墓地の灯籠みたいですよね。記念碑より墓標ですよ。形とか傾き方とかゲゲゲっぽいし。これ、夜に見たら不気味でしょうね。おもろいんで、設置した人にいいねを押したい気分です。左は錦川鉄道25周年記念碑です。

 

f:id:Estoppel:20191018122722j:plain

 広い構内です。

 

f:id:Estoppel:20191018122751j:plain

 流れが穏やかです。これはボートで下りたいですね。 

 

f:id:Estoppel:20191018123037j:plain

  かじかの滝ですが、水が枯れていてインパクトがありません。

 

  河山駅

 

f:id:Estoppel:20191018122956j:plain

 ここもかつては有人駅だったようですね。 

 

f:id:Estoppel:20191018122854j:plain

 駅構内ですが、貨物駅のころをしのばせる広さです。レールは剥がされていますが、マニアならすぐに気づく点です。

 

  錦町駅

 

f:id:Estoppel:20191018123058j:plain

 こじゃれたロッジ風で、いい感じの駅です。雰囲気によくあっています。看板がなかったらペンションですね。

 

f:id:Estoppel:20191018123112j:plain

 線路は高台にあるので、階段で上がる形です。構内がきれいに清掃されています。

 

f:id:Estoppel:20191018123136j:plain

f:id:Estoppel:20191018123147j:plain

 券売機の設置あり。

 

f:id:Estoppel:20191018123210j:plain

 改札鋏が現役です。下にガラ入れがついている後期型とおもいます。左にあるのは動輪柄の文鎮ですね。

 

f:id:Estoppel:20191018170932j:plain

f:id:Estoppel:20191018170945j:plain

 切符類はこんな感じです。硬券はほとんどありませんが、何でも気さくに応じてくれるので、全部買ってきました。ささやかながらローカル線応援の寄附のつもりです。

 ただ、消費税増税直後に行ったのは失敗でした。「運賃変更」印が押されるので、美観を損ねてしまいます。いくタイミングを間違えました。

 

f:id:Estoppel:20191018123228j:plain

 これは券売機の乗車券ですが、磁気券ではありません。スケジュールがつまっていたので、新岩国まで買って、新幹線に乗って先を急ぎました。岩徳線は後日にお預けです。

 

f:id:Estoppel:20191018123241j:plain

 ホーム上にあるレストランです。

 

f:id:Estoppel:20191018123308j:plain

 構内風景。

 

f:id:Estoppel:20191018123348j:plain
 これは近くの錦町簡易郵便局です。いい感じなので写真を撮りました。

 

 なお、錦町よりさらに先に「とことこトレイン」なるものがあり、雙津峡温泉まで続いていますので、泊まりで訪れるのがいいかもしれません。これはかつて鉄道が敷かれる予定だった道路をつかっている乗り物なので、廃線マニア?じゃなくて、開業はしてないから、未成線マニア?にはおすすめです。

 私は時間がないためパスしました。

 

 リンク⇒ とことこトレインとは | 錦川鉄道株式会社