旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【海外旅行系】 トークンのサイズを測ってみた 日本の鉄道が敗北した悔しい件

 下記の路線で使用されているトークンが出てきたので、測ってみました。

 

 

f:id:Estoppel:20190413113123j:plain

 クアラルンプールのモノレール

 

f:id:Estoppel:20190413113134j:plain

 クアラルンプールの電車(第3軌条)

 

f:id:Estoppel:20190413113348j:plain

 トルコの地下鉄

 

 青がクアラルンプール(マレーシア)のMRT、赤がイスタンブール(トルコ)の地下鉄です。小さい方を測ると、半径1.3㎝で、面積が5.3㎝2となります。

 トークンというのはゲーセンのコインのようなもので、列車に乗る際に購入して、改札機に入れて使用します。金額が均一になっている都市部の鉄道で見られ、再利用ができる点で優れています。北朝鮮の鉄道は紙の乗車券にも関わらず再利用していましたがね。

 

f:id:Estoppel:20190301141324j:plain

 

 ここで、過去の記事を思い出してください。名鉄の家族用乗車券(6.5㎝2)です。 北朝鮮の地下鉄乗車券には勝っていたし、世界一小さいと思ったのですが。。。

 面積ではトルコには負けてしまいました。