旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【コラム】 国鉄車掌の白い制服についての思い出

 小学生の時は列車や駅の写真ばかりをとっていましたが、もっと鉄道職員の仕事ぶりをとっておけばと悔やんでおります。これは数少ない風景で、お気に入りの写真の一つです。

  山陰本線豊岡駅で、特急まつかぜが発車する直前の駅長と車掌長です。白い制服の二人がちょうど収まったので、とったのだと思います。奥には専務車掌(乗客専務という腕章をつけている)もいますね。夏休みですが、いまのような猛暑ではなく、からっとした晴天で、昼ののどかな感じが思い出されます。国鉄時代の白制服は夏の風物詩の一つでした。

 

f:id:Estoppel:20190214130112j:plain

 

 さて、最近の優等列車の車掌は、北海道と東日本(新幹線のみ)をのぞいて白服を着ることはなくなってきたと思います。JR東海がやめてしまったのが残念ですが、健康管理の方が大事ですからしかたがないです。

 国鉄時代は、急行以上の車掌は他の列車とはちがう制服でした。冬はダブル、夏は白の盛夏服といわれるもので、特に夏の白は目立ちました。生地は麻です。昭和40年代はエアコンなしの急行もあったので、上着はきつかったでしょうね。

  民鉄では、小田急箱根登山鉄道ロマンスカーの車掌が白ですね。小田急の方は上着だけ白なので、国鉄時代の車掌補みたいです。上下白にしてほしかったです。名鉄の特急車掌も白だった気がしますが、もうなくなったようですね。

 

 参考に構造を解説しておきます。

f:id:Estoppel:20190309204218j:plain

f:id:Estoppel:20190309204246j:plain

 JNR(国鉄)表記です。これで本物かどうか判断します。

f:id:Estoppel:20190309204258j:plain

 ボタンは動輪です。

f:id:Estoppel:20190309204310j:plain

 学ランのように止めてあります。

f:id:Estoppel:20190309204335j:plain

 裏地はありません。

 

 さて、そのような車掌の制服をみて、カッコええな~って思って、将来は寝台特急の車掌長を目指そうとしていたのですが、JRになって募集自体がなくなってしまいました。正確には、現場職は高卒と短大卒で、大卒は総合職の募集だけで、しかも超人気企業なので狭き門でした。結局、冷やかしに会社説明会だけ行って受けませんでした。 国鉄が残っていたら、採用試験を確実に受けていましたね。

 そうです。根性だけは、どの世代にも負ける気がしない就職氷河期世代です。 

 ここ最近は、鉄道各社の中途採用も増えているので、第3セクターにでも入社したら、JRからの直通特急の車掌もできるかもしれませんが、この歳で初任給にちかいスタートはきついのでやめておきます。でも、定年を過ぎたら、田舎の駅の駅員のパートはやりたいですね。私なら喜んで最長片道切符でも何でも作りますので、日本で一番マニアに親切な駅員になれる自信があります。あるいは人不足でパートの車掌などもありえそうですね。

 

 さて、臨時急行「だいせん53号」に乗車したときは、米子車掌区の車掌長さんが帽子を貸してくれ、写真を撮ってくれました。ズボンと靴が白なのでいい感じの写真になっています。ちなみに真夜中の3時ぐらいですが、元気な顔をしています。この当時は夜行を中心に旅行を組んでいて、夜中も昼なみ動き回っていたのですが、テンションが高かったのであまり眠くありませんでした。もちろん家に帰ったら泥睡眠ですがね。

 

f:id:Estoppel:20190309011611j:plain

  

 さらに、帽子がどうなっているか気になるところですが、構造は交通課の警察官と同じで、カバーをかけるタイプです。JR東海のものは、国鉄と違い帽子全体がそもそも白でした。

 

f:id:Estoppel:20190214130007j:plain

f:id:Estoppel:20190214130032j:plain

f:id:Estoppel:20190214130044j:plain

 

 さらに、靴も気になると思いますが、白!です。ただ、JR北海道などは靴は自前のようで、白をはいている人は少なくなっているようです。

f:id:Estoppel:20190309202857j:plain

 熱海駅修善寺行きを解放した直後で、伊豆急下田に行く特急踊り子の発車を待つ専務車掌氏です。右手のタバコがいかにも国鉄ですね。

 

 JRになって皆さんキビキビとした姿を目にするのですが、個人的には国鉄時代のだらだらした雰囲気の方が好きでした。