旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【切符系】 見つけたら購入する価値あり 海外の鉄道は入場券自体の存在がレア

 海外の鉄道は改札がなかったり、あっても適当だったりするので、入場券の存在自体は珍しいです。日本統治下の流れで台湾と韓国は入場券がありますが、どちらも磁気券になっているため、日がたつと消えてしまいます。

 

 手元に残しても大丈夫な事例をいくつか。 

 

① 専用券がいちおうあるパターン

 

f:id:Estoppel:20190302134749j:plain

 ミャンマーです。ヤンゴン駅で改札前に机をだして販売していました。コピーではなく、オフセット印刷で、ナンバーは手打ちのようです。

 

f:id:Estoppel:20190302134807j:plain

 インドネシアです。スラバヤ駅の改札前で売っていたものです。

 

f:id:Estoppel:20190302134819j:plain

 中国です。記念入場券のようですが、普通に売られている入場券です。無駄に豪華ですよね。それぞれの駅の特徴がでていて購入する価値はあると思います。

 台湾だと「月台票」といいますが、磁気券だったので収集していないです。

 

② 他の券を流用しているパターン

 

f:id:Estoppel:20190302134837j:plain

 タイのバンコク中央駅であるファーランポーン駅です。社内補充券のあまりを流用しているようです。

 タイの駅は改札はなく、車内の検札が中心の国ですが、ここだけはターミナル駅ということもあって入場券の設定があります。構内に勝手に入れないようにしているのでしょう。ちなみに社内の検札は日本の改札鋏と同じものをつかっています。

 

③ 硬券のパターン

 

f:id:Estoppel:20190302134857j:plain

 私のお気に入り。スリランカ国鉄です。日本並みに硬券が充実しており、たいていの駅に入場券の設定があります。日本の昭和43年の改正ぐらいまでの雰囲気に似ていると思います(生まれてないけど)。

 

 (関連記事)