旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【鉄道施設系】 (廃)関西本線 中在家信号場(三重県)

北海道の常紋信号場とならんで有名な信号場ですね。
特に撮り鉄で知らなかったらモグリともいえるでしょう。

さて、何でこんな不便なところまで足を延ばすの?という疑問が湧くと思います。
簡単にいうと、遺跡好きの方とマインドは似通っています。
古いもの好きってことですね。

それで、何があるかといいますと、一般人の興味を引くようなものはありません。
線路を見て、ここを蒸気機関車があくせく登っていた時代の姿を想像し、感傷に浸るわけです。すいませんね。ここでは玄人向けの記事しか書けません。

 

いちおう順路を示しておきますが、絶対に線路は歩かないでください。
不用意に藪などに入ると危険です。
また場内に入ることは違法です(ごめんなさい。私、ちょっと立ち入ってます)。

f:id:Estoppel:20181216003450j:plain

ここを左

f:id:Estoppel:20181216003503j:plain

線路に沿って行く

f:id:Estoppel:20181216003519j:plain

更に線路に沿って行く

f:id:Estoppel:20181216003539j:plain

信号機 片方は誤認防止のため横に向けてあります

f:id:Estoppel:20181216003618j:plain

やがて信号機器室が登場します

f:id:Estoppel:20181216003644j:plain

亀山方から場内を望む

f:id:Estoppel:20181216003714j:plain

駅本屋前

f:id:Estoppel:20181216003738j:plain

柘植方を望む