旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【国内旅行系】 福岡→東京 ラグジュアリーな高速バスに乗ってみた(西鉄バス・はかた号)

 今年の4月に福岡から東京への移動がありましたので、プレミアムシートの乗りレポ編です。感想を一言でいうと、「高速バスで生まれて初めて熟睡できた。」です。

 かつていろいろな高速バスに乗っていますが、すべて次の日が眠い。今回はそんなことはなかったですね。仕事だったので助かりました。

f:id:Estoppel:20181214151620j:plain

乗車券(コンビニ払い版)

f:id:Estoppel:20181214151645j:plain

発車案内(博多)

f:id:Estoppel:20181214151709j:plain

乗り場表示(博多)

f:id:Estoppel:20181214151725j:plain

バス外観

f:id:Estoppel:20181214151745j:plain

右1列目

f:id:Estoppel:20181214151812j:plain

前方

f:id:Estoppel:20181214151832j:plain

後方

f:id:Estoppel:20181214151845j:plain

車内後方

f:id:Estoppel:20181214151908j:plain

トイレ

さて、他のサイトと同じことを書いても意味がないので、旅師的ポイントを2点。

 

 ① 食糧は事前に入手せよ。

 途中のサービスエリアの売店が閉鎖していて、運転手さんも「情報が不足していて申し訳ありません。」って平謝りだった。もちろん私は予め買っておいた駅弁と夜食を持っていたので安心。こういうことがあるといけないので、あらかじめ購入することをおすすめします。

 

 ② 座席は前が良い。

 西鉄バスのサイトで図面を見てもらえばわかるように、2列目は1列目のシート部分が張り出しており、圧迫感があるため1列目がベストです。
 次に、右か左かは趣味によります。博多→東京で富士山を観たい場合は左で、東京→博多で瀬戸内海で海を観たい場合は左ですね。

 あとは、バスマニアなら右を選んでください。渋滞などのときは、本部と頻繁に無線通信を行いますので、運転手さんの頑張っている様子が音声でわかります。

 

 ★ちなみにこの路線は日本で最長ではありません。もう少し長い距離の高速バスがあります(下記参照)。