旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【鉄道車両系】 走り屋仕様 イニシャルN (廃)南部縦貫鉄道(青森県)

2軸といえば、平成まで残っていたこちらも思い出される。
もちろん旅客用に作られているので、飯田線のトロッコに比べたら乗り心地はましである。

www.estoppel.jp

 

しかしいろいろとすごいので、お見せしよう。
まずは終着駅の外観。東北にありがちな駅舎である。

f:id:Estoppel:20181213120842p:plain

七戸駅

しかし車両を見てほしい。
バスそのものである。いわゆるレールバスである。

 

f:id:Estoppel:20181213121009j:plain

1両です

f:id:Estoppel:20181213121040j:plain

まるでバス

そして運転席。
もちろん走り屋仕様(?)なので、マニュアルである。
シフトレバーが下の方に写っていると思う。

左の黒いレバーがノッチ(アクセル)、右の横になったレバーがブレーキ。

 

f:id:Estoppel:20181213121247j:plain

運転席(座席の横にシフトレバー)

さらに本ブログはここにも着目。
走り屋御用達、パーソナル無線である。
これは、既に私の親父の世代で流行した物で、
携帯電話のない時代は、走り屋間の連絡に無線を使っていたようなのだ。
で、アマチュア無線だと免許が必要なので、登録だけでできるパーソナル無線が爆発的に増えたとのこと。たしか和歌山の紀州鉄道でもパーソナル無線を使用していた。

 ※アマチュア無線は業務使用が禁止されている。
 ※パーソナル無線の制度はすでに廃止になっている。

f:id:Estoppel:20181213121416j:plain

無線機アップ