旅と鉄道の美学

鉄道を中心とした国内外の旅と切符などについて語ります。

【海外旅行系】 駅名に期待するな 温陽温泉(韓国)

さて、海外温泉シリーズです。
数十年前からJRも駅名に「温泉」をつけてアピールすることがおおくなりましたが、
韓国にも温泉駅があります。しかも温の2乗。
ソウルから1時間ぐらいです。

サハリンから帰国するときに、飛行機のスケジュールが合わないため、
ソウルを経由することになったのです。
ソウル市内のホテルに泊まっても味気ないので、
1時間ほど離れてはいますが、
駅前に温泉宿が集まっている温陽温泉にいきました。

といっても、日本の温泉街とは違います。
駅前は市街地なうえ、大浴場は2か所程度しかありません。
ほとんどが内風呂で、バスタブがあるだけです。

大浴場がない温泉付スーパーホテルとかAPAホテルがある感じです。
韓国の温泉は温泉のお湯を引くという点に意味があるのであって、
大浴場や温泉街の風情って発想がないだけなので、
批判はしませんけど、それほど期待していくものではないですよ。

ちなみに韓国では街中でも「♨」がいっぱい出現しますが、

ただのホテルであることがほとんどです。

温泉とは思わない方が適切でしょう。風呂付ってだけです。

 (撮影日:2008年8月)

 

f:id:Estoppel:20181205110113j:plain

温陽温泉駅名板

f:id:Estoppel:20181205110133j:plain

駅正面 まさに郊外の駅って感じです

f:id:Estoppel:20181205110210j:plain

予算もないのでこのレベルで

f:id:Estoppel:20181205110232j:plain

ホテル内

f:id:Estoppel:20181205110253j:plain

客室内 パソコンが置いてありました。

f:id:Estoppel:20181205110319j:plain

浴槽です。